光脱毛をして起こる肌のトラブル

光脱毛は、カミソリや毛抜きを使用した自己処理や医療レーザー脱毛や、電気針を使用したニードル脱毛に比べて、肌トラブルが少ない施術方法と言われていますが、全くトラブルが起こらないとは言い切れません。

光脱毛によるトラブルで多いのは、肌の赤みや乾燥、痒みやブツブツができてしまうということです。
肌の赤みは、肌の乾燥によるものや出力の高い施術、急に出力を上げたなどの理由によりやけどと同じ状態になって赤みが出てしまうと、その後茶色く痕が残ったりすることがあります。
赤みが出てしまった場合は、すぐにサロンへ連絡し、皮膚科で治療を受けることが重要です。

光脱毛は、肌に光を照射して行うものですが、施術時には肌が熱を持つため乾燥しやすくなってしまいます。脱毛期間中は肌の保湿ケアを日常的に行い、施術を受けた後は十分な保湿ケアをしないと肌が乾燥してしまい、様々な肌トラブルが発生してしまいます。肌の乾燥状態が続くと痒みが起こり、痒いからといって掻き毟ってしまうと肌が傷ついてブツブツとした状態に変化してしまいます。ブツブツになってしまった場合は、保湿ケアを行っても改善しないので、皮膚科での治療を受けなければ改善しません。
【関連ページ】ミュゼでの痛みに関して→http://xn--2ck9csa7097b3wxa0yjuz1b.com/itami/